<track id="v4ao8"><strike id="v4ao8"></strike></track>
      <track id="v4ao8"></track>
    1. <tr id="v4ao8"></tr>

      <acronym id="v4ao8"></acronym>

      <pre id="v4ao8"><label id="v4ao8"><xmp id="v4ao8"></xmp></label></pre>
        <acronym id="v4ao8"></acronym>

        連絡先

        サービスホットライン:

        400-000-0000

        鞍山市和豐耐火材料有限公司

        電 話:0512-00000000

        傳 真:0512-00000000

        郵 箱:xxxxxxx.com

        網 址:www.ccliving.cn

        地 址:xxxxxxxxxxxxxxx

        現在の場所: トッ > ニュース > 業界ニュース

        転爐爐底の永久層マグネシア煉瓦の積み方及び要點

        2020-10-14

        爐底永久層の築造方法及び築造要點は以下の通りである:


        (1)鋼構造上の排気孔を検査し、すべての排気孔が滯りなく通じることを保証する。


        (2)エア供給スリーブを検査し、折れ、変形、溶接解除がなく、パイプの滯りがないことを確保する。


        (3)爐底マグネシア煉瓦の永久層はM-I煉瓦で平らに積み、爐殻に近い円弧鋼板に積み上げる時、半乾燥マグネシア質火泥を用いて突き打ちを行い、突き打ち材料はマグネシア煉瓦と平らであることを要求する。


        1575965876791656.png

        (4)平積みマグネシア煉瓦層はすべて十字形方法を用いて積み上げた。第1層舗裝煉瓦の方向は任意に選択することができるが、上下層舗裝煉瓦の角度は45°~ 60°ずらすべきである。爐底が爐底の円弧に近い部分まで積まれている場合は、ハロゲン化マグネシウム質の火泥を用いて打ち付ける。打材は煉瓦層と平らであることが要求され、同層煉瓦面より高くすることができず、打設が厳密であることが要求されている。


        (5)爐底を給気煉瓦位置まで積む際、爐底鋼板の穴を中心に300 mm殘しておくこと×給気タイルを取り付けるために300 mmの正方形の穴。


        (6)永久層はマグネシウム質火泥で固められている。れんがを積み終わったら、マグネシウム灰を敷いて、平シャベルで往復して、マグネシウム質火泥をれんがの隙間に満たします。


        (7)アークテンプレートを設置し、そのアークが爐底作業層の外半徑と一致するかどうかを検査する。中を探すには正確で、支設はしっかりしていなければならない。


        (8)ハロゲン水マグネシウム火泥の配合比はマグネシウム火泥70%、細マグネシウム砂30%、ハロゲン水適量を加える。

        タブ

        Z近のブラウズ:

        鞍山市と豊耐火材料有限公司著作権所有営口中創ネットワーク科學技術有限公司が技術サポートを提供

        日本一区二区高清视频_国产乱子伦精品中文_中文字幕亚洲黄片_人妻系列无码中文字幕专区